ブログ

【キャンドルの芯が折れてしまった】 埋まってしまった時の解決法

先日あるご質問をいただきました。

『海外などでキャンドルを買うのが好きなのですが
キャンドルの芯が
埋もれてしまったり
折れてしまったりで
牢の底に沈んでしまいました。
何か対応策はありませんか??』

皆様も、そんなご経験はございませんか??

 

芯の太さがキャンドルの直径に対して
細いと芯が埋もれてしまうことがあります。

そんな時は、キャンドルの芯を用意していただき
添え木のように使っていただきます。

キャンドルの芯をお持ちでない方は
タコ糸でも代用できますよ〜
※その代わり黒いススが出ます。

埋まってしまっている芯の隣に
竹串か、金属の千枚通しを使い
穴を掘ります。

穴にキャンドル芯を埋めます。
これでまた2〜3時間は
キャンドルを灯すことができます。

新しい芯に火を灯します。

2〜3時間火が灯ると周りの蝋が溶けて
埋もれていたキャンドル芯にも炎がつくようになります。

一番簡単な解決方法をご案内いたしました。

他には、蝋を溶かしてキャンドルを
再利用する活用法もありますが
それはめんどくさいですよね( ^∀^)

もし送ってくださるのならば
お直しいたしますのでお気軽にどうぞ( ´ ▽ ` )

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP